法人理念

基本理念

 明日への誓い

 作業所を設立して30年、長い月日を積み重ねて、節目のお祝いの年を迎えました。小さな公営質屋跡で始まった作業所。それは母親たちの願いの始まりの一歩でした。生まれ育ったこの三鷹の地で、みんなで共に働き、共に参加する社会を目指して、一歩一歩前へ。毎日のみんなの笑顔を糧に、休むこともなく進んだ日々。

 時には大きな嵐に巻き込まれ、立ち止まる日もありました。しかし、雨の日もあれば晴れの日もある。一歩一歩の先に夢を求めてたどり着いた30年。今はあの頃の夢であった社会福祉法人となりました。

 作業所も、総合支援法の下に障がい福祉サービスとして整備され、地域の社会資源として、地域の障がい福祉を担う存在となっています。

 30年前の小さな作業所は9つの事業となり、100人を超える仲間が、毎日集い、働き、語らい「生きる」そのことを自己実現する場として存在しています。

 ここに至るまでには、その時代その時代の作業所運営に関わられた皆さんの汗と涙、夢と希望が織り込まれ、大きな花となって今日まで受け継がれてきています。また三鷹市をはじめとする関係機関の皆様、母体である三鷹市心身障害者(児)親の会、そして、本人・家族からも大きな夢と希望を託されてきました。

 大きな「はな」 となって咲き誇る「ゆめ」、それが法人名の「はなゆめ」です。

 障害者総合支援法の時代となり、作業所設立当時と状況は全く変わりましたが、私たちはこの「はなゆめ」の精神を受け継いで前へ進んで行きます。そして今度は、次の10年の始まりです。新たなページが開かれます。

 私たちは30年の実績を基に、明日に向かって前進する決意をここに誓います。障がい者があたりまえのように地域で暮らし、あたりまえのように地域で働く時代、そんな時代の風の先頭に立つことをここに誓います。

 皆様のより一層のご支援ご協力をお願いいたします。